肥後すっぽんもろみ酢で脂肪燃焼をアップする飲み方を詳しく紹介します。

実際に私が行ってきたことをまとめましたので、参考にしてくださいね。

脂肪燃焼には夕食の食べ方がポイント

始めに、より脂肪を燃焼させるために、夕食の内容や食べ方に注目してみましょう。

脂肪の吸収を抑える食べ方・飲み方

当サプリの特徴であるアミノ酸は、脂肪燃焼をサポートしてくれますが、私がオススメなのは夜寝る前に飲むことです。

それは、睡眠中は代謝が上がりやすく脂肪燃焼をサポートしてくれるからです。

そう考えると、夕食の内容がポイントになってきます。

食事で大切なことは、血糖値の急激な上昇をさせない食べ方をすることです。

空腹時に炭水化物などの糖質を多く含む物から口にしてしまうと、血糖値が一気に上昇してしまい、脂肪を体内に蓄えてしまいます。

食事は、まず食物繊維の多い野菜から食べると、血糖値の上昇を緩やかにしてくれ、満腹感も得られやすくなりますので、食べ過ぎの防止にもなります。

野菜の次は、たんぱく質、そして最後に炭水化物という順番で食べていくと、脂肪の吸収を抑えてくれますよ。

脂肪燃焼をアップする食べ方

そして、夕食はできるだけ消化のよいヘルシーなものをおすすめします。

アミノ酸の効果をより得たい場合は、脂身や油ものにも少し気を遣うといいですね。

また、緑茶にも脂肪の吸収を抑えてくれる働きがありますので、食後などに飲んでみてはいかがでしょうか。

脂肪の燃焼を促進する食べ方・飲み方

脂肪燃焼を促進させるためには、どのタイミングでサプリを飲むのが効果的なのでしょうか。

アミノ酸の吸収は非常に早く、摂取後30分後から働いてくれます。

脂肪燃焼するためには、「動くこと」ですね。

脂肪燃焼を促進させたいのであれば、運動の前がおすすめです。

アミノ酸は、摂取後30分後から2時間くらいの間、最大限に効果を発揮してくれます。

このため、家事や通勤などで体を動かす方には、朝食後の摂取がおすすめです。

脂肪燃焼には朝食後の摂取

脂肪燃焼を促進してくれる食べ物として、積極的に摂取してほしい栄養素は、ビタミンB群です。

ビタミンB群を多く含む食品は、脂肪燃焼とともに代謝促進する効果があります。

牛肉、豚肉、鶏肉、魚などの動物性のたんぱく質に多く含まれています。

夕食の際には、積極的に取り入れてみてください。

 

逆に脂肪が増えてしまう食べ方・飲み方

空腹時にアミノ酸を摂取してしまうと、食欲をかえって促進させてしまう恐れがあります。

食欲を促進させてしまうと、食べる量が増えてしまいますので、摂取するのであれば、食後のほうがベターだといえますね。

また、空腹時は食事の始めに炭水化物などの糖質の多いものに手がいきがちですよね。

ですが、いきなり糖質の多い炭水化物を口に入れてしまうと、前述のように血糖値が急激にあがり、脂肪を蓄えてしまうので気をつけてくださいね。

脂肪を燃焼させるのに有効であるたんぱく質も、油の多い部位は避けましょう。

お肉であれば、赤身などの脂肪分の少ない部位を選ぶことが大切です。

また、油を使った料理にも注意しましょう。

ヘルシーに調理をしたいときに活躍するのが、オーブントースターです。

魚やお肉を焼く際に、オーブントースターにクッキングシートなどを敷いて焼くことで、余分な脂を抑えることができるので、ぜひ、試してみてくださいね。

脂肪を落とすにはオーブントースター

気軽にできる脂肪燃焼のための簡単エクササイズを紹介

ここで、気軽にできる脂肪燃焼のためのエクササイズを紹介します。

当サプリを摂取して、30分後くらいに軽い有酸素運動を心がけるだけでも、脂肪燃焼を助けることができます。

有酸素運動と聞いて、まず思い浮かべるのは、ウォーキングやジョギング、水泳などではないでしょうか。

ここでは、そこまで気負わずに、気軽にお家の中でもできる脂肪燃焼のための簡単エクササイズをご紹介しますね。

スクワット

スクワットは、下半身の筋肉と腹筋などで鍛えられる筋肉(腹直筋)が同時に鍛えることができます。

下半身の筋肉は、体の中にある筋肉の中でも一番大きいため、その筋肉を動かすことによって、基礎代謝が上がり、脂肪燃焼へつながるのです。

【スクワットのやり方】スクワットをするときには、息を止めないようにします。

息を吸いながら腰を落とし、吐きながら立ち上がる、ゆっくりとした動作を心掛けると有酸素運動とまります。

 

1. 足を肩幅より少し広めに開く

2.足の爪先は真っ直ぐよりも少し外側を向ける

3.股関節も曲げてお尻を真下に落とすイメージで膝を曲げる
(このときに、お尻を後ろに突き出し、膝が爪先より前に出ないように椅子に座るイメージします。)

4.顔を上げ胸を張り、背筋を伸ばす

5.太ももと床が平行になるまで腰を落とす

6. 腰を軽く曲げたところまで立ち上がる

スクワットは、数回しただけでも効果のある運動ですので、脂肪燃焼をサポートしてくれるのにおすすめだといえます。

お尻歩き

お尻歩きは、その名前の通り、床に座りお尻を使いながら腰をしっかりひねり、前後に進みます。

そのため、普段は意識しなければ鍛えることのできない、奥にある筋肉である腹斜筋というインナーマッスルを動かすことができるのです。

インナーマッスルを鍛えることによって、代謝がアップし、痩せやすくて太りにくい、体質へと変わっていきます。

【お尻歩きのやり方】

 

1.床にお尻をつけて脚を伸ばして座る

2.つま先を上に向けて背筋を伸ばす

3.腕を自然に振りながら、右、左と交互にお尻を持ち上げて前に10歩進む
(右肩と右のお尻、左肩と左のお尻が同時に前に出るようにしましょう。)

4.10歩進んだら同じように今度は後ろに10歩下がる

お尻歩きのコツは、脚をしっかり閉じて、つま先は両方とも真上に向けて、離れないように歩くことです。

そして、しっかり背筋を伸ばして、目線はまっすぐ前を見るようにします。

その他にも、踏み台昇降なども手軽にできる有酸素運動です。

当サプリを摂取して、もっときれいに効果的にダイエット効果を狙いましょう。

肥後すっぽんもろみ酢の効果を検証している記事のトップへ